プロダクションノート: リアの島

3 ファンタジーを構成する要素
2011年11月 2日 20:00
3 ファンタジーを構成する要素

時代を超えた家映画の撮影場所は主にLかSで表されます。Lとはロケ、つまり屋外での撮影。Sはセット、映画でおなじみのスタジオなどに作るものです。「リアの島」は荒々しく雄大な自然と、そ...続き

2 プリプロダクション本格スタート
2011年2月27日 10:17
2 プリプロダクション本格スタート

手探りから始まった準備2006年初夏。6月になると草花は生き生きと咲き誇り、暖かな日差しが注いでいました。当時、studio RE(studioREBARDの前身)の主要メンバーの...続き

1 企画の始まりと北海道の洗礼
2011年2月 8日 03:13
1 企画の始まりと北海道の洗礼

「北海道で映画を撮ろう。」studioREBARD代表・監督の芳井勇気です。2005年11月、東京初台のとあるファミレスで、僕とスタッフの中西との間で交わされた何気ない会話の中から...続き

プロローグ 「リアの島」製作への道
2010年12月10日 23:45
プロローグ 「リアの島」製作への道

「リアの島」はstudioREBARD(スタジオリバード)の記念すべき第一回作品です。環境問題をテーマとしたファンタジー映画で、海面上昇の危機に瀕した孤島を舞台に、そこで暮らす少年...続き

メインページ | アーカイブ | 夢見る人形と星屑の旅を »